アナスタシア流【失敗しない眉毛の描き方】写真で解説!

アナスタシアの眉毛の描き方の順番




 

それでは、前回からの続きです。

 

施術スタート!

ここからは全体の流れを説明していきます。

 

1、カウンセリング

どんな印象の眉になりたいのか?

眉を描く時にどんな事に困っているか?

などを、カウンセリングで話して

理想の眉に少しずつ近付けていきます。

 

image1 (2)

左がセルフメイク、右がメイク前(すっぴん)です。

 

そして、私がなりたいと思っている理想の眉がこれ↓

image5

女性らしいキュッとなった眉。

美しいですね~✨

 

ただ私の場合、カジュアルな服も着るので、

もう少しだけナチュラルな印象に

なるようにお願いしました。

 

2.基本の眉を決定する

小鼻と目尻を結んだライン、

小鼻の内側から眉間に向かって直線になる所、

2か所に筆で印をつけます。

眉施術

顔は左右対象ではないので、

右と左どちらの骨格の眉の形に合わせるかを

ここで決めます。

 

3、不要な毛をワックスで除毛

理想の眉が決定したら、

次は不要な毛を除毛していきます。

 

最初に保護クリーム塗ってから、

9か所に分けてワックスで除毛します。

image6

こんな風に細かくワックスを塗って除毛するので、

思ったより痛くなかったです。

ワックスの温度も少し熱い45度くらい。

 

ワックスで抜けなかった毛は1本1本、

毛抜きで抜いてくれます。

チェックポイント

ワックス後は、肌が赤くなるので敏感肌の方は注意。

施術後は少し赤くなりますが、

私の場合20分もしたら赤みは引きました。

 

個人差はあるかと思いますが、

アイシングもしてくれるので

大丈夫だと思います。

 

追加メニューできます

基本メニューの4800円(税抜)を施術した方のみ、

追加できるメニューです。

※追加コースのみの施術はしていません

image7

私は、額2500円(税抜)と

口元2000円(税抜)を追加しました。

 

こちらのオプションは、先ほどのワックスに

+ゲル状の海藻パックが付きます。

 

ひんやりするパックでお肌を

クールダウンさせてくれます。

 

ワックスすると、

不要な毛と一緒に余分な角質まで

取ってくれるので、つるつる!

 

ファンデーションの付きもよくなるし、

おすすめですよ~!

 

描き方をレクチャーしてもらう

ワックスの後は、軽くファンデーションで

メイクを整えてくれます。

 

その後、片側の眉毛だけ担当の方が描いてくれて、

もう片方を教えてもらいながら描きます。

image9

 

こんな詳細なアドバイスシートもいただけます。

残念ながら2回目の施術では、もらえませんでした。。

 

アナスタシア流の描き方

1、アイブロウパウダーで全体を整える程度に描く

眉尻は濃く、眉頭は薄く描いて

グラデーションで立体感を出していきます。

眉パウダー

パウダーなんですが、少しクリームっぽい質感

発色がとっても良かったです。

購入したかったけど、人気な為、売り切れてました。

次こそ買いたい!

 

<一緒に使った筆はこちら>

眉ブラシ

この筆は先端がすごく薄くて、

描きやすさ抜群!即買いしました❤️

 

藤原美智子さんプロデュースの熊野筆も

お手頃価格で良さそう✨

アナスタシア筆の半額で買えちゃいます(笑)

 

 

 

2、アイペンシル(アイブロウライナー)で眉尻を描く

時間が経つと、眉尻が消えてなくなってた

なんて事ないですか?

眉描き

このアイブロウライナーは

ウォータープルーフ、

揮発性のオイルの働きで

落ちにくいのが特徴。

こちらも、もちろんお買い上げ♪

 

 

3、毛の流れを整えて、髪の毛の色に合わせて眉マスカラでカラーチェンジ

最初にクリアジェルを使って、

毛の流れを整えます。

眉クリア

 

その後、眉マスカラで仕上げます。

髪の毛の色に合わせて自然な仕上がりに♪

眉マスカラ

 

私は普段こちらを使って仕上げています↓

最初に眉尻から眉頭にかけて塗ります。

そのあと、もう一度、眉頭から眉尻へ。

色を少しずつ乗せるのがポイントです❤️

 

 

4、眉毛の上下にハイライトを入れる

ここが一番重要。

これをやるのと、やらないのだと大違い!

ハイライト

 

2色ありますが、

マットの色を眉の上下に描きます。

描く場所は、写真の黄色い線のところです↓

eyeblow

その後、ブラシで色を馴染ませます。

 

もう片方のキラキラした色は、

鼻筋や目元に使うと、より立体感が出ますよ✨

 

 

<一緒に使った筆はこちら>

眉ナイロン2

ナイロンのブラシは動物の毛と違って、

成分が毛に入り込まずに弾いてくれます。

 

口紅を塗った後に、

唇周りをコンシーラーで縁取りすると、

キリっとした印象に。

 

ここまでが全行程です。

どうですか?

すごい手が込んでるでしょう?(笑)

 

はじめて施術を受けてみた感想

Before→Afterの写真で、違いをご覧ください。

 

Before

image2 (2)

Beforeは眉間があいていて、

眉に角度がないのでノッペリした印象です。

 

After

image4 (1)

眉間の幅を狭くして、

眉に角度を出したので立体感が出ました✨

 

Beforeに比べると、

かなり美人度アップしましたね❤️

 

初回でかかった施術時間

今回かかった時間は、

およそ1時間30分

 

初回は、カウンセリングシートへの

記入もあるので、余裕を持って

2時間くらいみておけば、

大丈夫だと思います。

 

気になるお値段は?

今回は基本の施術+額と口周りのオプションで

9300円(税抜)。

 

その他に、筆やアイブロウなど小物5点を購入して、

25000円程かかりました。

ちょっと痛い出費でしたが、私は大満足です✨

 

 

しかも、2回目以降の基本施術は

500円OFF!

 

私は、2回目の施術にも行く予定です。

 

1ヶ月に1回通うのが望ましいようですが、

次回以降はワックスなども自分で

やってみようかと思ってます!

 

くみこ
眉テンプレートを使うのもオススメですよ❤️

 

次ページはこちらから

 

 




アナスタシアの眉毛の描き方の順番

ABOUTこの記事をかいた人

あらいくみこ

千葉県在住の整理収納アドバイザー。 夫と小学生の子供との4人暮らしです。 生活のあらゆることを「整理」するのが大好き! instagramには、毎日の食事内容や簡単なレシピもUPしています。