育児における達成感とは何か?笑顔に隠された唯一の答えを知る




 

こんにちは、スッキリくみこ(@sukkirikumiko)です。

今日は母の日ですね。両家の母にはカーネーションをすでに配送済み。 一方の私は昨日、娘から1日早いプレゼントをもらいました。

それが涙が出るくらい素敵なプレゼントだったんです。

 

5才の娘が初めてのおつかいに挑戦

USDAgov

 

「お昼ごはんに焼きそばが食べたい」

5才になった娘が1人でスーパーに買い物に行くと言い出した。

上の子と2人で行かせた事はあるけど、1人ははじめて。 キッズ携帯もあるし…キャベツと焼きそばだけなら買えるかな?

不安な気持ちがありつつも買い物に行かせてみる事にした。

 

母として不安に思う

 

迷子にならないかな?不審者に会わないかな?

母なりに色々と心配もするし、不安にもなる。

 

 

子供は日々、少しずつ少しずつ成長していく

例えば、子供がわからないようにと、嫌いな野菜を細かく刻んで好物のハンバーグに混ぜ込む。…そんな工夫を繰り返すうち、いつの間にか食べられるようになっている。

 

 

だから、仕事で大きなプロジェクトを成功させるような達成感を、子育てで得るのは難しい。

 

荷物を抱えて帰ってきた時の、娘の得意げな笑顔

image

 

子育てで達成感を味わうなんてない、そう思ってた。

でも、娘の自信に満ちた笑顔を見て、胸がいっぱいになった。そこには今までにないくらい、キラキラした瞳で笑う姿があったから。

 

自分が育児に求めていたのはこれだ!と感じた

 

子供の自信に溢れた笑顔。 もうね、

この笑顔を見たら育児に悩んでる自分なんて吹き飛んじゃった

そうか、私はこの笑顔の為に悩んだり、時には涙したりするんだね。

 

「お母さん、ちゃんと買ってこれたよ!」

「もう5才だから!」

うん。そうだね。いつの間にそんなにお姉ちゃんになったの?

まだ5才と思ってたけど「もう5才」なんだね。 こんなに素敵なプレゼントをもらえるなんて…お母さん嬉しいよ。

 

子供を信じる事は自分を信じる事につながる

lgf01a201405230800

 

母親はどうしても子供を自分の延長線上に見てしまう。

もちろん、子供は自分の所有物ではない

 

 

でも、別の見方もできる。

延長線上に見てしまうからこそ、自分の思いが「そのまま子供に」反映される。

 

だから不安な気持ちは少し横に置いて、子供を信じてみよう。 それはそのまま、自分自身を信じる事にもつながるから。

その気持ちが継続できるように、同じ志の「仲間」がいれば、なおいい。

継続は力なりを信じて、すぐに結果を求めないで。 これは私にも宛てたメッセージ。  

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

あらいくみこ

千葉県在住の整理収納アドバイザー。 夫と小学生の子供との4人暮らしです。 生活のあらゆることを「整理」するのが大好き! instagramには、毎日の食事内容や簡単なレシピもUPしています。