本気で離婚を決意!自分にとって何が大切かやっとわかりました

sadness




 

「もう出て行けよ!」

「あなたが出て行けばいいじゃない!」

去年の10月、夫と今までにないくらい酷い夫婦ケンカをしました。

今までは大きなケンカもなく、仲の良い夫婦で通っていた私たち。でも、フタを開けたが最後、売り言葉に買い言葉で、後に引けない状態にまで発展してしまったのです。。

 

そして私は本気で「離婚」を決意しました。

 

仮面夫婦だった私たち

今まで些細なケンカはあっても、絶対に売り言葉に買い言葉になるような
ケンカは意識的に避けてきました。

そんな事をしたら取り返しのつかない事になってしまう…。

いつしか私は、自分の意見よりも夫の意見に従うようになっていました。

 

お互い腹の探り合いの日々

そんな私の行動に比例するように、夫婦の溝は少しずつ広がっていきました。

何か疑問に思っても「ケンカになるのも嫌だし、私さえ我慢すれば丸く収まる」と毎回、自分に言い聞かせてきました。

 

幼い頃から「いい子にしていないと自分は愛されない」と思って生きてきたので、その思いが大人になっても染み付いて離れないんだと思います。

 

関連記事【心の整理術】お母さん気付いて!寂しさから自己肯定感が低くなった私の子供時代

http://jibun-egao.com/mother-can-do-it/

離婚届にサインをした日

それは、本当に些細なきっかけからでした。

今までフタをしていた感情が、一気に爆発した瞬間でした。

もうね、止めようと思っても、止められなかった。そんな状態になるまで、ずっと自分の感情にフタをしてたんですよね私。

 

言ってはいけない暗黙のルールを破った夫

夫が私の母の事を嫌っていたのは、以前から知っていました。

 

母は義母とは正反対のお姫様タイプで、共働きだけど家事はほとんど父任せ。

一方、義母は義父にとても尽くすタイプの女性で、自分の事は二の次、
いつも他人の為に動くような人。

この人のいる家に嫁いで来れて、本当に良かったと心から思える方です。

 

なので、私もいつからか「夫は尽くすタイプの妻を私に求めている」と思い、それを演じる事で彼から愛し続けてもらおうと考えました。

 

しかし、あの罵り合うようなケンカ。

原因は、夫が私の母の事を「キライ」だと言葉に出して言ってしまった事でした。

 

どんな親でも親は親。

自分でも至らない所がある母だとは思いますが、それを夫の口から直接
聞きたくはなかったです。

もう戻れない…修復不可能な夫婦の亀裂

そこからは、お互い今まで心に溜めていた不満が爆発。

売り言葉に買い言葉、というより我慢し続けた物が膿となって一気に放出された
という感じでした。

公正証書を作成するという所まで話は進み、私たちは離婚届に署名・捺印をしました。

 

「もうやっていくのは無理」

 

私はスーツケースにできる限り荷物を詰め、子供たちと一緒に家を飛び出しました。

下の子は実家に遊びに行けると喜んでいました。しかし、上の子は「いつ自分たちの家に帰れるのか」と、そればかり聞いてきました。

私の思い詰めた表情を見て、何か感じ取ったのだと思います。

1人で子供2人を育てていくという現実

実家に行ってからメールで夫から何度か「戻って来てほしい。迎えに行く」と連絡がありました。でも、私は携帯の電源を切り、これからの事について1人考えていました。

 

あんな罵り合いのケンカをした以上、もう結婚生活を続けていけない…。でも、1人で子供達を育てていく勇気も経済力も、ましてや覚悟もできていない。

 

「誰かに依存しないと生きていけない」

それをイヤというほど突きつけられました。

悩んだ末、私が出した答え

 

「本当に離婚したいなら、どんな仕事だってすればいい。」

「養育費を貰えば何とかやっていけるわよ。」

 

確かにそう思いました。

でも、数日経ってから私は子供たちを連れて自宅に戻りました。

まだ、夫の事が好きだったし、経済的に不安定になるのが怖かったからです。

 

そして、そんな自分がイヤでイヤでたまりませんでした

だから、独立して1人でも子供達を養って行ける様な経済力がある女性になる!と心に決めました。

私の心を救ってくれた「ブログ」

それからは資格を取ったり、友達に頼んで仕事をしたり、自分のスキルを上げようと必死でした。

資格のために節約もしたし、ネットで参考になりそうな情報も沢山探しました。

そんな時、友達からおすすめされた性愛のブログ。

そのブログを読むたびに、自分を包んでいた固い皮が1枚1枚剥がれていくような気持ちになりました。

 

関連記事頑張る女・頑張らない女を使い分けて、今より10倍可愛い女になる方法

http://jibun-egao.com/cute-woman/

自分軸(主体的)で生きる

 

そのブログに書かれていたのは

”他人軸で生きるのはやめて、全て自分軸で物事を考える”という事。

 

確かにこれまで私は他人の目ばかり気にして生きてきました。そして、そんな自分がすごくイヤだった。

 

「自分を好きになりたい!」

「自分の人生を生きてるんだ!って実感したい」

 

今は「自分軸で考える」事を一生懸命、実践しています。

いつも自分はどう感じているのか?に意識を集中して過ごすうち、悩み事やイライラが
かなり減りました。

 

関連記事【心の整理術】1ヶ月実行してわかった!「自分を大切にする」と得られる3つの効果

http://jibun-egao.com/one-is-made-important/

自分自身を満たして、自分に優しい自分になる

誰かを幸せにしたい。そう思う人もいるでしょう。でも、誰のための人生ですか?

あなたのための人生ですよね?

 

自分のために生きるって、決して自分勝手なことではないんですよ。そこには、自然と周りの方に対する感謝の気持ちが溢れてくるんです。

周りの方に支えられて、今の自分がいる。そんな人たちを大切にしたいと願うなら、まず自分自身を大切にしないと、誰かを大切になんてできないんです。

 

もし今、ご主人とうまくいってない人、子供の事が心配でたまらない人が、このブログを見ていたら

まずは、自分に優しい自分になってみませんか?

自分に優しくなれた分だけ、他人にも優しくなれる事をきっと実感できますよ。

 

ご自愛収納は、あなたの【本音】を大切にしたお部屋作りを提案しています。

あなたが変われば、お部屋だけじゃなく人生もガラッと変わります♡お部屋も心も整理して、あなたの心地よい空間を一緒に作りませんか?




sadness

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

あらいくみこ

千葉県在住の整理収納アドバイザー。 夫と小学生の子供との4人暮らしです。 生活のあらゆることを「整理」するのが大好き! instagramには、毎日の食事内容や簡単なレシピもUPしています。