モンテッソーリ教育に学ぶ、子供が自立できる環境作りの大切さ




近頃、ライザップに興味深々!な、スッキリくみこ(@sukkirikumiko)です。

実際は「スッキリ」という名の体型…ではありません(笑) 体形も整理収納しないとダメかしら^^;

さて、今回はモンテッソーリ教育から学んだことについて、お話しますね。

[toc]

モンテッソーリ教育に学ぶ、整理収納術

モンテッソーリ教育って何?という方は、まずこちらからご覧ください♪

http://jibun-egao.com/montessori-child/

子供が自立できる環境作り

モンテッソーリ教育の特徴のとして「子供の自立できる環境を作る」 というのが、親の役割の1つとしてあります。

子供の「ひとりでできたよ!」をサポートするべく 当時2才のわが子に私が行ったのは、4つの環境作り。

 

自分1人で、洋服やパジャマに着替えられる

引出しなど、全体がすぐ見渡せる収納にして、 そこに仕切り板やかごなどを用いてアイテムごとにまとめます。 幼稚園生くらいなら、アイテムは1つにつき2~3点くらい。

関連朝の支度が自分でできる!2才から始める整理収納術

 

image

子供が大きくなるにつれて数を増やしても大丈夫。

 

グチャグチャにされるのを防ぐためにも、アイテムが少ない方が子供も選びやすいですよ。

洋服のボタンなども比較的大きめの物を選んで、 一緒に練習に付き合いました。

「できたね~!嬉しいね~♪」などの声掛けも大切ですね♪

チェックポイント

何が入っているか一目でわかるようにラベルをつける!

まだ字が読めない年齢のうちは、イラストなどを引出しの前面に貼っておくと分かりやすいですよ。

参考幼児の学習素材館

 

おもちゃや絵本を、自ら片付けられる

全部ひとまとめに入れたおもちゃ箱から、

「よく遊ぶ物」と「あまり遊ばない物」に分ける。

「あまり遊ばない物」は一時的に別の場所に保管する。

「全然遊んでない物」は誰かにあげる・売る・捨てる

  image

 

当時は、とにかくおもちゃを片付ける事がストレスで、子供が片付けないで 放置しているままだと、ガミガミ怒ってしまう事が多かったです。

これって子供が自ら片付けないというより、環境作りが整っていないことが 案外、原因だったりします。つまり、片付けやすい環境ではないんですね。

 

関連部屋が片付く3つの環境作り【初級編】元汚部屋住人が整理収納アドバイザーへ!

 

料理などのちょっとした、お手伝いができるようになる

a0002_008601

 

2~3才くらいになると大人のしている事にかなり興味を持ちます。

「家族の一員」として、ちょっとしたお手伝いができるようになると 子供もすごく喜びますよね。

 

■サラダの葉っぱを洗って、一口サイズにちぎる。

■プチトマトのへた取り、空豆をさやから出すetc…

 

最初は、本当に簡単なところから「大事なお仕事」をお願いする。 おもちゃのように遊ぶのはNGだけど、楽しみながらが行えるのが大切♪

 

水やジュースなどをこぼした時に、自分で拭いてキレイにできる

小さい子供って本当によく、水やジュースをこぼしたりしますよね。1日に何度もやられると「また~?!」なんて思ったり。。

そんな時に、子供が自分で拭ける環境だと子供自身も安心ですね。

   image

 

小さい雑巾をいくつも用意して、カゴなどの容器に入れ、 手の届く所に置いておく。

「こぼれた時は、これで拭こうね」と子供に声掛けして、 次にどうすればこぼれないか?も一緒に話し合っておきたいですね。

 まとめ

 

子供も大人も、小さな成功体験を積み重ねていく事で それが自分への自信にもつながっていきます。

子供の「ひとりでできたよ!」をサポートできるように これからも、環境作りを大事にしていきたいと思います。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

あらいくみこ

千葉県在住の整理収納アドバイザー。 夫と小学生の子供との4人暮らしです。 生活のあらゆることを「整理」するのが大好き! instagramには、毎日の食事内容や簡単なレシピもUPしています。