心のデトックス♪パステルアートの魅力




スッキリくみこ(@sukkirikumiko)です。

先日、友人が主催するパステルアートのワークショップに 参加してきました♪

実は私、絵は苦手なんです。。

でも、パステルアートは絵が苦手な人でも簡単に描くことができます。

また絵を描く過程の中で、

今の自分に気付き、自分の描いたアートを 見ながら

心が解放されていく、という特徴があるんです。

ちょっと興味ありません?

自分の中いる「本当の自分」

[toc]

心の声のままに…パステルアートのやり方

今回は写真と共にパステルアートについて簡単に説明します。

必ずしも「これ!」という、決まったやり方はありません。

あくまでも一例としてご覧下さい。

 

こちらは全て友人が用意してくれた道具の数々↓ image

*この他に、えんぴつ・定規・練り消し・カッター・紙・抜き型など を今回は使用しました。

今回のテーマは「マンダラ」を意識したアート

今回はインドの「マンダラ」を意識して、少し神秘的に。

パステルアートを早速スタート!

1、まず画用紙の真ん中に台紙を置き、鉛筆で周りをなぞります。

次に、鉛筆で描いた線の内側にセロハンテープを貼っていきます。

image

最後に小さくちぎったコットンでテープの上をなぞります。

※これは後でパステルの粉が入り込まないように行います。

 

2、直感に従ってパステルを3本選びます。

私は今回、淡いパステルを選びました。

その時の気分や状態によって 選ぶ色が違ってくるから不思議です。

image

中心に持ってきたい色を必要な分だけ紙の上に削っていきます。

カッターで削ってもOKです。

 

3、小さくちぎったコットンを使い、コピー用紙の上に円を描くようにして

パステルをコットンになじませていきます。

image

それから、画用紙の中心部分に円を描いていきます。

 

4、2色目のパステルも削り、同様になじませます。

その後、中心の円に少し重なるように、新たな円を描いていきます。

image

 

3色目も同様に入れました↓

image

 

5、練りけしと定規を使い、放射線状に線を入れていきます。

image

 

6、好きなデザインの抜き型を選んで、練りけしで消していきます。

image

 

私は綿棒や自分で簡単な型紙を作ったりして、こんな仕上がりに↓

image

 

7、作品ができたらテープをはがしていきます。

※注意:この時必ず、外側に向かってテープをはがして下さい。

image

 

8、次に定規を使って余分な余白を切ります。カッターでも◎

image

 

じゃーん!完成しました!↓

image

 

ちなみに他の皆さんの作品はこんな感じ↓

image

色やデザインも様々で面白いでしょう?

私の作品は色が淡すぎて、光で色が飛んでしまいました・・・。

やってみた感想

ただ、ただ「無」になれる

最初は周りの方がどんな風にやってるか気になりました。

でも、どんどん進めていくうちに自分の心が「無」になっていくんです。

どんな風にしようか?と迷った時は、

繰り返し繰り返し、自分の心に 問いかけてみます。

 

「どんな風にしたいのかな?わたし・・・」

 

毎日忙しく過ごす中で、自分自身の心に繰り返し問いかける事はありますか?

でも、そうする事で自分の心が見えてくる。

心がだんだん整理されていくんです。

「無」の状態は心のデトックス

パステルを終えた後、気持ちがスッキリとして、自然と優しい気持ちになりました。

ざわついていた心が、穏やかになったのを感じます。

これが「心を解放した」状態なのかは正直わかりません。

でも、今回の体験ではっきりわかった事があります。

 

 

それは

「自分を大切にすることで、初めて誰かを大切にできる」

ということ。

 

普段、自分の事を後回しにしがちな私ですが、もう少し自分の事を日頃から

可愛がってあげたいと思います!

さて、久しぶりに新しい口紅でも買いに行ってみようかな?♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

あらいくみこ

千葉県在住の整理収納アドバイザー。 夫と小学生の子供との4人暮らしです。 生活のあらゆることを「整理」するのが大好き! instagramには、毎日の食事内容や簡単なレシピもUPしています。