古堅純子さんのセミナーで整理収納アドバイザーとしての在り方を学びました!

hint




こんにちは。

お片付けを通して自分をもっと好きになる❤️

あなたを笑顔に導くご自愛収納アドバイザー、

あらいくみこです。

 

先日、千葉で行われた古堅純子さんのセミナーに参加してきました。

このセミナーを受けて

「やっぱりこの仕事っていいな!」と再確認❤️

古堅先生から整理収納アドバイザーとしての【在り方】を教えていただきました✨

 

整理収納アドバイザーにとって一番大切なこと

bs0I9A351215032114onepoint

それは、

アドバイザーの価値観を

お客様に押し付けない!こと。

 

その最たるが

「物を捨てる」

を大前提に作業を進めることです。

 

整理収納アドバイザーの資格がある人は、その名の通り「お部屋が片付くようにアドバイスする」立場。

しかし、知識があるが故にそれが仇になりかねないことも・・・。

 

私もお客様宅で作業させていただく時に、1つだけ気を付けている事があります。

 

それは

全ての決定権は

お客様にある!

という事を忘れないことです。

 

「捨てる」は言ってはいけないNGワード

bs0I9A359515032128ushishi2

 

作業の順番を大まかに説明すると

➊ 「どんなお部屋にしたいか?」しっかりヒアリング

➋ 私とお客様が一緒に目指す目的地をハッキリさせる

➌ 各部屋がどんな風に使われているかを教えていただく

➍ 「使うモノ」「使わないモノ」に分ける作業

 

https://jibun-egao.com/dont-think-feel-seiri-shuunou/

大事なポイント

捨てることより、最初に使うモノ・使わないモノに

「分ける」ことが大切。

 

分けることでお客様は自分にとって

何が必要なモノなのか?が、より明確になります

だだし、「使わないモノ」を捨てるかどうかは

全てお客様の判断に任せます。

 

整理収納アドバイザーはファシリテイター(促進役)である

「使わないモノ」を明確にすることによって、

お客様にある種の「気付き」をもたらす。

 

整理収納アドバイザーはお客様を指導するのではなく、あくまでもお客様の「片付けたい」という気持ちを促すだけ

 

これは、当たり前のようで忘れがちになるところです。

 

クライアントの本音を引出す整理収納アドバイザー

お客様の気持ちに寄り添いながらも、本当は整理収納することで、お客様が「何を」求めているのか? それをヒアリングと雑談の中から引出せる。

 

そんな整理収納アドバイザーに、私はなりたいと思っています。

 

来月はいよいよ整理収納アドバイザー1級の2次試験を受験します! 受験して結果待ちです!

 

人生初のプレゼン&資料作りで足が震える・・・(笑)

これに合格すれば、念願のプロになれます♪

 

関連記事無事合格!整理収納アドバイザー1級【1次試験】対策方法<試験勉強編>

関連記事整理収納アドバイザー1級【1次試験】対策方法<試験本番編>マークシート方式

 

試験対策のために動きながらも、自分投資のセミナーはガンガン参加します!

 

また、その時の様子もレポートしますね♪

ではでは~。

 




hint

ABOUTこの記事をかいた人

あらいくみこ

千葉県在住の整理収納アドバイザー。 夫と小学生の子供との4人暮らしです。 生活のあらゆることを「整理」するのが大好き! instagramには、毎日の食事内容や簡単なレシピもUPしています。