【心の整理術】フリを本物に!Youtubeで観たスピーチに思わず涙した話




「もっと姿勢を良くしなさい」

小さい頃、毎日のように母から言われた言葉です。
私もまた子供たちによく言っています。自分ができてないのにね^^;

「子供は親の背中を見て育つ」って言うじゃないですか。
これはどげんかせんといかん!(懐かしい~)と思って(笑)

 姿勢を正して30分歩いてみた

まずは30分、姿勢を正して歩いてみました。
いつも「姿勢を良くしよう」と思っても長続きしなくて(-_-;)
でも、実際に歩いてみて理由がわかりました。

姿勢良く歩くってめっちゃ疲れる!!

私の場合は肩甲骨の内側辺りの筋肉が張るような感じ。

胸を張ると肩が開いて、肩甲骨が内側に入りますよね?
その姿勢を保つ事で、普段あまり使ってない筋肉がピーンと
伸びた状態になり、疲れにつながったみたいです。

長続きしなかったのは気力が足りない訳じゃなかった

今まで「姿勢よくできないのは自分の気力が足りないからだ」
そう思っていたんですが、疲れるから続かなかった事がわかりました。
では具体的に、どんな理由で疲れるのか?

原因は腹筋と背筋が弱いから

調べていくうちに、猫背になってしまう原因が腹筋と背筋の弱さに
ある事がわかりました。うん。私、全然鍛えてません(笑)

でも、逆に腹筋と背筋を鍛えれば猫背になりにくくなる。
もちろん筋トレは必要ですけど。難しいかなぁ?^^;

あるYoutubeの動画を見て、考えが変わった

そんな時、TwitterでツイートされていたYoutubeの動画を観ました。

それはハーバード大学の社会心理学者、エイミー・カディのスピーチ。
21分と私には長い動画でしたが、途中から感動で涙してしまいました。

彼女は19歳の時、ひどい自動車事故に遭い、IQがかなり下がってしまったそうです。
当時「天才」と呼ばれていた彼女は大変ショックを受けます。

絶望の日々を過ごしていましたが、その後、懸命の努力の末4年遅れで大学を卒業。
今では、ハーバード大学の社会心理学者です。すごいですよね。

最初は偽物でもいい。大事なのは「フリ」を本物にすること

彼女はスピーチをする前の晩、自信のなさから指導教員に「やめます」
と伝えます。すると指導教員から、こう言われたのです。

できてるフリをしなさい。やるべき事をすべてやり、怖かろうが
脚がすくもうが、こう思えるまでやるのよ。」

”あぁ、私やれてる!本物になったんだ!ちゃんとやれてる!”

涙したのは自信がない自分がイヤだったから

私が本当に直したかったのは猫背な姿勢だけじゃ、ありませんでした。。
背筋を伸ばした「自信にあふれる」自分になりたかった。

形から入ってもいいじゃない。

大切なのはそれをどうやってホンモノにするか?考え「行動」すること。

誰でもない「自分」のために行動する

何もない自分に小さなイチを足していく。失敗してもゼロに戻るだけ。
決してマイナスにはならない。

以前読んだ、堀江貴史さんの「ゼロ」に書いてある言葉です。
この言葉もまた、私に勇気をくれました。

だからやります。

「なりたい自分」になれるように、どんな事でも!

次回は、猫背改善のために購入した美姿勢ベルトの効果と、実際に装着してみて
思ったことをお伝えします^^

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

あらいくみこ

千葉県在住の整理収納アドバイザー。
夫と小学生の子供との4人暮らしです。
生活のあらゆることを「整理」するのが大好き!
instagramには、毎日の食事内容や簡単なレシピもUPしています。